« 風張林道130kmリベンジ・ライド!! | トップページ | 世界遺産巡り〜屋久島〜ドラゴンボート大会へ飛び入り参加 »

2009年8月22日 (土)

世界遺産巡り~屋久島一周100kmライド~

Photo_3

妻の両親の実家『一奏』は屋久島の北側にあり、一奏をスタートポイントにして時計周りで外周100kmを一回りしてきました!!!
最初に通過する『宮之浦』から『安房』は屋久島の中で最も住人が多いエリアらしく、交通量も多いと地元の人は言ってます。

正確に計ってませんが、1分間に5台くらいに抜かれる感じです。その他のエリアは15分から30分に1台くらいの間隔で車が通過します…

関東に比べれば車は皆無に近いです(笑)
安房を過ぎると水平線が綺麗に見えるエリアだったように記憶してます。ただ宮之浦から、ずーと強い“向かい風”に晒されていたので風景を楽しむ余裕はありませんでした。

ちょうど、真南辺りから風向きが“追い風”に変わり、道路が広く車もいない…斜度5%くらいの登り道なんですが、踏み込むとストレスなく時速50km弱まで加速するんですよ。

スーッと加速して行く感じがとても気持ち良いエリアでした。

気持ちの良い走りが終わる頃『大川(オオコウ)の滝』が表れ、ここからは登りが10kmくらい続きます。

結構厳しいです。屋久島外周の中で斜度が最もキツイエリアでして感覚的には『海の見える風張峠』と言った感じです。

炎天下でなければ凄く気持ち良いと思います。

私は上半身裸でひたすら漕いでいたら、バスの運転手さんや乗員から手を振られて応援をされました。彼らからすると、その辺に出没“サル”と上半身裸でチャリを漕ぐ“海坊主”は同じ分類(珍獣!?)に見えたようです(笑)

坂を登りきると西部林道に入ります。この西部林道は屋久島外周の中で唯一の世界遺産エリアのため人の手があまり加えられておらず道も地形に沿って作られておりアップダウンが相当キツイです。

西部林道を抜けると程なく、永田の浜を通過します。

綺麗な浜です!!

海亀の卵を保護するため遊泳禁止とのことです。

『永田の浜』から義親の実家『一奏』は10km足らずなのですが、この区間には、時計周りしたことを心の底から後悔させる上り坂が2本あります。

『チャリで上り坂を登る時は足をついてはいけない』暗黙の掟があるので、最後の坂は本当につらいっス(笑)

もし、屋久島をチャリで一周する機会がありましたら、特に一奏や宮之浦地区からスタートする場合は反時計周りをお勧めします。

あと、まともなコンビニや食料品店が殆ど無いので“携帯食料や塩飴”などは持ち込む必要があります。屋久島では“スポーツドリンク”くらいしか調達できません。この辺が唯一不便に感じた点です。

~屋久島一周100kmライド…お終い~
興味のある方ポチをお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

« 風張林道130kmリベンジ・ライド!! | トップページ | 世界遺産巡り〜屋久島〜ドラゴンボート大会へ飛び入り参加 »

自転車で日本の世界遺産巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244681/31059149

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産巡り~屋久島一周100kmライド~ :

« 風張林道130kmリベンジ・ライド!! | トップページ | 世界遺産巡り〜屋久島〜ドラゴンボート大会へ飛び入り参加 »