« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

今から出ます

今から出ます
暗っ!

ドキドキ

ワクワク

です

2009年10月30日 (金)

明日のために…

はたしてこれだけの地図情報で200キロ先の目的地に辿り着けるのだろうか??

Photo

1 2 3 4 5

明日はいよいよ200kmオーバのロングライド!!!

タイムスケジュール
・1日目
  31日5時:出発→6時半:横浜待ち合せ→12時:箱根・芦ノ湖→18時:焼津健康センタ到着(宿泊)

・2日目
 1日6時:出発→7時半:島田到着→9時:マラソンスタート応援→帰る(疲れたら輪行)

行きのルート↓

Photo_3 

装備↓
Photo_4
ウィンドブレーカ/Tシャツ/ズボン/サポータバンツ/簡易リュック/輪行セット/ゴムバンド/タイヤチューム/空気入れ/工具/食料/財布/ハンドタオル/ストッキング(寒さ対策)/洗濯洗剤少々/

バックの中身↓
Photo_5

チャリ搭載↓
Photo_6

シャツ↓
Photo_7

速乾性の高いくて、身体にフィットするTシャツと長Tシャツと半袖のサイクルジャージとスキャルキャップ

パンツ↓
Photo_8
速乾性の高いタイツとレーサパンツ

 

急ごしらえですが、これが一泊二日の装備です。

宿泊先の焼津健康センター周辺にコインラインドリーが無いので(電話で確認)、上着(サイクルジャージとTシャツ2枚)とタイツはお風呂で洗濯してドライヤーで乾かして2日目も着る予定!

こんなプランで大丈夫かなぁ~(不安)

2009年10月29日 (木)

今週末は…

10月初旬まで膝の調子が悪かったので、200km以上のロングライドは控えてましたが…
今週末kozoさんが出場する“しまだ大井川マラソン”の応援ツアーに参加するため200km以上走る事になりました(ドキドキ)

Photo

昨日行くことが決まったので
 ・ルート
 ・出発時間朝31日の6時半、待ち合せ横浜駅東口ルミネ横
 ・宿泊先焼津市の健康センターに泊まる(仮眠)
ことだけが確定してます。

2009年10月28日 (水)

風張林道・奥多摩周遊路ツアー(3/3)!!!

私が誘った立場ですか、お相手に満足して頂かないと…、
やせ我慢で(笑)、じゃぁ~、風張峠を奥多摩湖側に下ろう!!

普通に帰る場合は、五日市駅側に下りますが、奥多摩側に下るということは風張峠を反対側から登ることを意味してます。

一か八か!!!えぇ~い下ってしまえぇ~~~。
サム・さむ・寒いぃ~、とにかくこの日の山頂は寒い。ウィンドブレーカを持ってこなかったので、なおさら寒い!!

ブルブル震えながら下ってると、この坂を登らないと帰れないことが脳裏をよぎり、違った寒さが心を通り抜けます(笑)

あまりに寒いので途中の「ふるさと村」で“暖”と“食事”を取りました。

食事休憩をとった後、風張峠の奥多摩湖側からの登攀開始です。
斜度は9%前後なのでキツクはないですが、長い坂道に疲れと寒さが追い討ちを掛けてるので、正直きつかってです。

言うに及びませんが、ハルちゃんは先に行って風張峠の頂上で待ってます。
で、合流して風張林道を一気に下り下界へ…
私はウィンドブレーカー持ってなかったので、とにかく早く下り坂を終えないと氷ついてしまう(笑)

別れ際に雨が降ってしまい、お別れの挨拶がゆっくりできませんでしたが、凄く楽しいライドでした。
ハルちゃんありがとう!!また、一緒に行きましょう^^

走行距離145km

~お終い~

2009年10月27日 (火)

風張林道・奥多摩周遊路ツアー(2/3)!!!

回転場で休憩しないで風張林道を登攀するのは初めてです。
うわぁ〜しんどい。
でも、ハルちゃんの姿は全然見えません。どんだけ足が回るんだぁ〜!!!

って言うか、激坂登ってるときは人の事を考える余裕はありません。
ひたすら目の前の激坂を登るのみです。

先週、足が攣って立ち往生した場所につきました。

うわぁ〜キツイ!!!
でも足は攣らない…、一週間のストレッチの効果が出てるのが実感できる。

でも、心が折れそうです。足つきたい…、待てよ。上でハルちゃんが待ってる。
ってことは足ついても、つかなくても上まで登らないといけない。

だったら、足つき無しで登りたいぃ〜〜〜〜

で、ヘロヘロになって、きのこセンターに到着!!
ハルちゃんは涼しい顔で待ってます。どっちが案内役かわかりません。(汗)

一旦休憩して、風張峠までアタック開始。
だけど、ハルちゃんの姿はアッという間に見なくなる。

風張林道の途中に通行止めの看板があるので、そこで確認のためハルちゃんが待ってます。↓
Photo_5

で、登ってくる私を撮ってくれました↓
Photo_6

少し休憩してスタート!
言うまでもなく頂上で待っているハルちゃんが撮った私のゴールシーンです↓
Photo_7

ここでやっとハルちゃんの写真を撮ることができました↓
Photo_8

ハルちゃん速すぎるよ!っていうか俺遅すぎ(汗)

俺はヘロヘロですが…
ハルちゃん曰く、まだ、足あるよぉ〜

前途多難2〜絶望

〜つぎに、つづく〜

2009年10月26日 (月)

風張林道・奥多摩周遊路ツアー(1/3)!!!

24日(土)5時に起きてチャリに乗る準備をする。

考えてみたら7月から始めた5回の風張林道アタックは全て単独ライドでした。
今日は風張林道に初めてチャリ友と行きます!!!

今日のテーマは、
 ・ブログ友達と楽しく激坂を登る
 ・ストレッチ効果…、攣らないで激坂を登れるか確認する
 ・右膝に痛みがでないことを確認する
 ・風張林道を登った後、二つ目の峠を登る
です。

出かける前に15分くらいストレッチする(実は、初めての試み)
チャリに乗って後方を確認する時に後を振り向く角度が全然違う。
おもいきり後が見えるまで背中が曲がる(回る)。ストレッチって凄い!!

多摩サイの日野にあるセブンイレブンでブログ友ハルちゃんと待ち合せ。写真撮るの忘れた^^;
簡単な自己紹介…、同い年と分かると、なんか楽ですね^^

で、今日は私が案内役で風張林道に向かう。

初めて人の前を走る!!
チャリの世界では「引く」と言うらしいですが…何となく「押されてる」感じで必死に漕ぐ(汗)

いつものペースより早い。やせ我慢しながら走ってします(笑)
後から「押してる?」ハルちゃんは乗りながら写真を撮る余裕がある↓
Photo_3
やっぱり押されてる(汗)

藤沢バス停で休憩
林道に向かう最後のバス停の雰囲気ですが、こんな山深いところにバスがくるの?って感じです。
ハルちゃんが撮った写真を拝借↓
Photo_4

ここで、「回転場」と「きのこセンター」で休憩する段取りを確認して、各自のペースで登攀開始。

ハルちゃんダッシュ!!速っ!!!!着いていけない。

やっとの思い出「回転場」到着するが、ハルちゃんがいない。
え〜っ、休憩無しで登ったの?俺も登るしかないんだぁ〜(爆汗)

前途多難1〜衝撃

〜つぎに、つづく〜

2009年10月25日 (日)

戦略的奉仕?早起きは三文の徳!!

24日(土)、いつものように朝から自転車に乗って自宅に帰ると、家には誰もいません…

妻にメールを送ると『プチ家出』の返事が返ってくる(アララ)
疲れきった体に鞭を打って妻を迎えに行きながら、夕食を済ませる。

夕食中は、初顔合わせのブログ友達の話や山頂が寒かったことなどを話しながら食事して、こと無きを得る?

さて、ここからが本題…

で、今日(日曜日)、妻が起きる前に朝食を準備する。
と言っても、目玉焼きと、焼きソーセージと、トーストと、コーヒーだけです。

だけど、これが効くんですね。

妻は上機嫌で起きくてる!!

でで、本来通販でお買得品のウィンドブレーカを“自腹”で買うはずだったのですが、妻に買ってもらえることになりました(ニヤ)

朝食をすませ、速攻で南大沢のアウトレットモールへ
とにかく妻の気が変わる前に買わないと…

アディダス、ナイキ、mont-bellなどを回って、買いの決め手は防風性と、保温性と、収納性からmont-bellのウィンドブレーカを購入!!

Photo

Photo_2

雨上がりの寒空の下、ワンコの散歩&お墓参りにウィンドブレーカを着ていきましたが、風は通さない!!!
良い買い物ができました。

早起きは三文の徳でしたぁ~

2009年10月24日 (土)

ゴリマッチョな肉食系オヤジ化計画!!

トレーニングの一環として上映中の『ワイルド・スピード MAX』を見てきました。

主演の“ヴィン・ディーゼル”は1967年生まれ、同い年でスキンヘッド(毛根は一杯あったなぁ)。

Photo

でもって、見るからにゴリマッチョ!!

おぉ~、すげぇ~分厚い胸と太い腕だぁ~

映画の内容は全然覚えてないけど、映画館から出てきた時には気分はゴリマッチョでしたよ^o^v

完璧!! 

単純(・・)

2009年10月23日 (金)

筋トレを再開して気付いたこと?!

17日(土)の風張林道登攀失敗は、内容がよくない。準備不足で足がつるし、気持ちも負けてた。

なので、今週からトレーニングを再開

 18日(日) ジム:筋トレ1時間    お風呂上りのストレッチ
 19日(月)                お風呂上りのストレッチ
 20日(火) ジム:筋トレ1時間    お風呂上りのストレッチ
 21日(水)                                    お風呂上りのストレッチ
 22日(木) ジム:バイク1時間    お風呂上りのストレッチ

で、筋トレをやって気付いたことを書きます。

チャリで激坂を登るために8月から筋トレメニューを『上半身中心』から『下半身中心』に変えました。

そしたら2週間でジムに行かなくなった!????
9月と10月もジムに行こうとするが続かない(汗)

冷静に考えたら自転車で強く・速く走るために身体を鍛えるなんて…、
そんなまっとうな理由じゃぁ〜、筋トレのモチベーションが維持できない。

やっぱぁ〜、原点回帰して『貧弱な胸板を厚くしたぁ〜い、二の腕を太くしたぁ〜い』
これじゃぁないと筋トレのモチベーションが維持できないことに気付きました(笑)

強くて速くなることを目的とした“純粋なサイクリスト”にはなれない。
俺は不純なナルシストのM田S男になろう^^;

純粋なサイクリストに向いている細マッチョな草食系オヤジは、私にはムリムリ…、幻想でしたぁ〜
腹回りにポニョが蔓延る『ゴリマッチョな肉食系オヤジ』を目指そう!!
肉がくいてぇ〜〜〜

明日は風張林道にアタックして何を感じるかぁ…楽しみです♪
今回はブログ友達で初顔合わせのハルちゃんも一緒なので、これまた楽しみだなぁ〜^^

あ〜思ったことを書いたらスッキリした!!

2009年10月22日 (木)

計画の秋の先は…

秋の夜長に、漠然と四季ごとの役割・あり方を考える

Photo_2

□計画の秋は、“春の巡歴”と“夏の挑戦”でやりたいことを決める時間なんだろうなぁ。

□準備の冬は、優先度が高いテーマを実行するために『心身を整え』『装備を整え』『知識を集め』『資金を手当てする』時間なんだろうなぁ。

□巡歴の春は、高野山を中心に世界遺産や名所をチャリで巡って『心を見つめる』時間にしたいなぁ。

□挑戦の夏は、他人がやったことの無いコース・ルートで『心と体の限界に挑戦』する時間にしたいなぁ。

夏って、なぜか血がたぎるんですよね

こういう事を頭の中で思い描いても、その通りに動かないのがO型ですね。

来年の秋はこんな面倒なこと絶対やらないだろうなぁ

でも、折角書き出したから2%くらいは実行したいなぁ^^;

2009年10月21日 (水)

高圧洗浄って、凄い!!!

17日土、風張林道の激坂で足攣ってこけそうになり玉砕ぃ~、悔しさ一杯で帰宅!!

そうだ、2階のベランダに蔓延っているコケを退治(キレイに)したら気持ちが晴れるかなぁ~

コケが蔓延るベランダの床↓

Photo_2

で、高圧洗浄↓

Photo_3

ウォ~、やったぁ~

コケ以外の汚れも↓

Photo_4 

ダァ~

Photo_5

ウォ~、全部落ちた!これで気持ちがスッキリした!!!

あっ、ボクはぁ~高圧洗浄メーカの回し者じゃありませんよ。

2009年10月20日 (火)

泳げない!!!

昨夜は二つの温水プールに行って両方とも休みでした(泣)

いつも行ってる所はメンテナンスで長期の閉館。
以前から気になってた温水プールは月曜日が定休日だって(ガク)

昨夜は踏まれたり、蹴られたり…?
うん、なんか違うかぁ(笑)

まぁ、俺M体質だからいいかぁ~

今晩はジムでドS気質で追い込むぞ!!

2009年10月19日 (月)

風張林道登れない!!

17日(土)朝4時半に目覚まし時計が鳴るが起きる気、ゼロ。零。0!!!

「俺なんでこんな早起きしてチャリに乗りたいんだぁ~」

と、心の中で叫びながら5時過ぎに起き上がりチャリに乗る支度をする。

5時50分家を出て、おなじみ風張林道に向かう!

今日のテーマは、

 ・風張林道でコンパクトクランクの効果を確認する。

 ・初めてリュックサックを背負って走り、乗り難さを確認する。

 ・100km以上走って右膝の痛みがでるかどうかを確認する。

です。

なんとくなダラダラ走りながら、風張林道のスタートポイント「回転場」に到着

Photo

なんか写真もピンボケだぁ~

9時13分アタック開始!!

で、20%前後の激坂を登りながら、やっぱりここは凄い!!

しんどいヨォ~、大弛峠以降…ジグザグ登攀の癖がついてしまい。直登ができない(汗)

でで、回転場から1.3km過ぎ、きのこセンタ前の最後の激坂に差し掛かったら、左フクラハギに激痛!!!

攣ってしまった(汗)

やばいけど堪えて登りたい!!、よろめいて、やばいこれ以上堪えると転倒する(冷汗)

ここで足つき!!!

ふぅ~、数分、呆然と立ち尽くすが、我に返って…ダメだぁ~

帰りながら今後の対応を考える…、

やっぱ20%を越える激坂峠にアタックするには平日もトレーニングがいる。

週末だけの走りじゃぁ~足が準備できていないし、血液もドロドロなのかも。

でもジテツウや平日の朝練はできないので、とりあえず来週から、

 ・お風呂上がりにストレッチをやる

 ・週1~2回はプール行って水中ウォーキングか潜水をやる

 ・週1回くらい筋トレをやる

まぁ、全部は無理にしても出来ることは全部やってみてどうかだなぁ。

2009年10月18日 (日)

近所をポタリング

ほぼ毎週末、自宅の近所に建てた父の墓へ線香をあげにいってますが、今日は自転車で墓参りしました。

200910181332000

8年前に購入したマウンテンバイク↓

200910181332001

上り坂ではフレームと後輪タイヤが擦るくらいフレームの強度が低下してます。

コワイコワイ

墓参りを済ませた後、妻が「ログハウス風の喫茶店を見つけたから行こう」

いつも好き勝手やってる私ですから…、断るなんてありえません。二つ返事で「はい行きます」

で、喫茶店でケーキセットを頂く。これは妻がチョイスしたアップルタルトのセット↓

200910181128000

これは私がチョイスしたチーズケーキのセット↓

200910181129000

コーヒーと良く合って美味しかったです。

お茶した後も妻がサイクリングしたというので、町田と横浜の県境にある「ふるさと村」という緑地公園?までポタリングをしました。暑過ぎず、寒すぎずよい天気の中、ゆっくり走るのも悪くない。

ふるさと村は「まんが日本昔ばなし」に出てきそうな田園風景を散策する場所のようです。↓

200910181225000

200910181223000

ボロボロだけど、マウンテンバイクもいいなぁ~

新しいマウンテンが欲しくなってしまった(汗)

2009年10月16日 (金)

故郷は遠くにありて思うもの!?

Photo

これは実家の近くから見える富士山ですが、肉眼ではこの3倍くらいの大きさに見えてます。

富士山に登って…、

あらため大きな富士山を間近で見て育ったことを感謝しました。

実は小学校の遠足が富士登山なんです。

富士スカイラインで五合目までバスで行って、馬の背まで登山して、帰りは須走口に下山。

で、あざみラインを通って帰るルートでした。

須走を徒歩で下山するのがきつくて、今でもその辛さを覚えてます(笑)

まさかぁ、あのバスで帰った道をチャリで登るとは…

10歳少年には想像できませんでした。

私にとって、富士山と伊豆半島と箱根は故郷そのものであり、

これからも拘って走りたいエリアだなぁ~と再認識しました。

計画の秋!!オモロぉ〜なアイデアを妄想中!!!

来年のサイクリング・キャッチフレーズは

 「ハイブリット・マルチ・ヒルクライムを楽しむ」

です。

(ハイブリット・マルチ・ヒルクライムは私が考えた造語です^^;)


“誰もやらない組合せ”を考えて、それを実行するのが楽しいんじゃないかなぁ〜と思ってます。

一つ目は「富士トリプル・ヒルクライム」です。

富士山の外周160kmを走りながら「富士あざみライン」「富士スカイライン」「富士スバルライン」を24時間で登攀する企画です。

Photo

二つ目は「8848(はち・はち・よん・はち)オーバ・ヒルクライム」です。

世界一高い山エベレストの標高8848m以上の「累積標高」を登攀するまで家に帰らないで黙々漕ぐ

しかも自宅から自走で山岳地帯へ行き、そこから自走で帰る。


気分はこんな感じです↓

Photo_3

実際のイメージはこう言うことだと思ってます↓

Photo_4

チャリで登るにせよ、1日でエベレストと同じ標高を登って家に帰るって、凄いことだと思うんですよ。

まだ、思いつきレベルのアイデアですから、実現性は極めて低いですが、まぁ秋の夜長に想像したり、調べたりする時間を楽しんでる感じです。

Photo_2

この記事をお読みの方で面白い組合せが思いつきましたら、是非コメントください。

或いは、8848オーバ・ヒルクライムに向いている山岳地帯をご存知でしたら教えてください。

実際書き出してみると企画倒れで終わりそうな気がしてきました(汗)

帰りの電車の中でぼ〜と考えてる時は、面白いアイデアだと思ったですけどね。

2009年10月15日 (木)

富士あざみライン攻略ポイント!!初アタックする方へ

この攻略ポイントは、登攀タイムを気にしないで「とにかく足つき無しで登攀したい方」向けのメッセージです。

勝手に!!「富士あざみ攻略マップ」だよぉ〜ん

Photo

1.スタート地点から4kmくらいまでは斜度が5%前後だと思います。
  自走の方は焦らず足を温存しましょう。
  輪行の方は軽いギヤでジグザグなどしてウォーミングアップすると良いと思います。
  何れにしてもお楽しみはこの後に一杯あるので、この区間からガツガツ踏むのは控えた方が良いと思いますよ^^

2.4kmくらいから6.4kmまでは斜度が10%前後だと思います。
  無理せずジクザクしてでも足を温存することをおすすめします。

3.6.4km〜8.4kmは地獄の激坂2km区間です。
  兎に角、この区間は休むエリアがないです。

  ひたすら耐えて登りましょう!!
  仮に心が折れそうになったら、8.4kmで休めると信じて折れた心を繋いでください(笑)
  この辺りから前輪浮き上がりのウィリーが発生する(冷汗)ので転倒に気をつけてください。
  また、ダンシングで凌ごうとすると路面がウェットの時は後輪スリップ(冷汗)に気をつけてください。

4.8.4km〜11.6km(ゴール)までは緩急入り乱れ区間です。
  個人的には緩斜面はガツガツ踏まないで足の疲労回復と心配機能の安定化に努めることをおすすめします。
  各馬返し(Uターンコーナ)はアウトコースを走ることをおすすめします。
  ※激坂部で右側通行する際は対向車に十分注意してくださいね。
  この区間は肉体的にも精神的にも少し余裕が出てきます。
  特に10Kmポストを越えるとウキウキして馬返しの“激斜度インコース”を走りたい衝動に駆られます。
  が、ボクわぁ〜、車に気をつけながら堅実にアウトコースを走ることをおすすめします。
  ゴール付近は車で登ってきた観光客が一杯いて、サイクリストはヒーロ扱いですので笑顔で応えましょう(笑)

攻略ポイントは以上です。

では、皆さん「車」と「前輪ウィリー」と「後輪スリップ」に気をつけて、楽しみながら身体と心を痛めつけてください(笑)

S気質でM体質のオヤジより。。。

2009年10月14日 (水)

富士あざみライン制覇!!(3/3)

 10kmを過ぎると激坂は辛いけど、ゴール間近なのでウキウキしてきます!!

 5合目のゴール付近で最初に目に飛び込んでくるのが案内所です↓

01

 5合目には車で来た観光客が一杯いてチャリで登ってきた私を見て、
 「凄〜い」とか「カッコいい」と言う賞賛の声が聞こえてきます。
 ウォ〜、一瞬だけヒーローだぁ(笑)

 5合目ゴールは右なんですが、駐車場につづく真っ直ぐ登る坂が気になるので登ってみました。↓

0101

写真では分かり難いですが、かなりの斜度です↓

01_2

 この坂の上に第3駐車場がありました↓

02

たぶん、第3駐車場があざみイランで車が走れる最高到達地点だと思います。

駐車場の地面から霧が立ちこもってます↓

03

 この霧!下界からみると雲に見えるのかぁ〜

 で、これがあざみラインゴール「富士山須走口五合目」です↓

04

 登攀時間は1時間40分くらいでした(弱)

 標高2000mの五合目付近は雲に包まれてる感じです↓

06

 ほとんど大きな樹木はありませんが、なんとなく紅葉してますねぇ〜↓

07

 自転車の車輪を持って富士山五合目を散策!!(笑)↓

09  

 馬返しを上からみた写真です↓

09_2

 いまいち斜度のキツさが写せません(汗)

 馬返しを下から見た写真です。↓

10

 外気温5℃前後だと思うので、ウィンドブレーカー着てゆっくり下りました。
 サヨナラぁ〜、富士山!!

〜富士あざみラインおしまい〜

2009年10月13日 (火)

富士あざみライン制覇!!(2/3)

慎重にゆっくり登りましたが、つらい、心が折れる…足つきたぁ〜いぃ〜〜、こっ心が痙攣しそう(笑)

7.8km付近の激坂を全身全霊の力を込めて登りましたが…
8km手前で心が折れて、「ここまで頑張ったんだからもういいよ(弱)足つこう」と諦めかけたら…

近くの駐車場で登山客が昼飯食べてるんですよ。
その人達の前で足ついて歩くのがカッコ悪くて我慢しました。

この痩せ我慢が良かった!!

8.4km付近で、ついに緩斜面が現れて休めるぅ〜!
既に私の心配機能は“自らの役割を放棄寸前…憤死状態”でした。

そのさき8.6kmにも緩斜面があり…

8.4〜頂上(11.6km)までは、激坂と緩斜面が交互に来るので、
アタックしては休むを繰り返せます。

8kmまで登る「脚力」と「心配機能」と「耐力」がある方は、
8.4〜頂上までの緩斜面で休憩をとれば激坂は凌げます。
初めてアタックする方は、間違っても緩斜面でガツガツ漕がないほうがいいと思います。

少し心に余裕が出てきたので行き交う車に「コンチワぁ〜」

激坂をジグザクしながら登っていると、下から登ってきた車が徐行しながら
 「凄いねぇ〜、」 徐行運転…
 「ありがとうございます」 ジグザク走行、ニコニコ
 「この先3つすごい坂があるよ」徐行運転…
 「そうなんですか」 ジグザク走行、ニコニコ
車はジグザグ走行中の私の進行方向を妨げる位置で徐行運転してます…

〜私の心模様〜
 「おじさん、どいて!!、おじさんの車が邪魔でジグザグできなぁ〜い」

 でも、顔はニコニコ!!

 車から応援してくれるのは凄く嬉しいけど、
 応援は一言「頑張ってぇ〜」
 で、サクッと走り去って欲しいですね(笑)

次につづく

2009年10月12日 (月)

富士あざみライン制覇!!(1/3)

10月10日(土)朝6時に家を出て車で富士山に向かう。

青葉インターから東名にのるが、既に渋滞している…
「まだ6時半だよ」

この時間に自然渋滞するなんて以前では考えられない現象です。

すいてれば1時間半で着くはずの富士山が結局2時間半かかりました(疲)

しかも雨と雲で富士山が見えません(泣)

今日は富士五湖を回りながら、富士山を一周回るつもりでしたが…、
肝心の富士山が雲に隠れている(泣)

で、急遽「あざみライン」を登ることにしました。

車の中で3時間弱待って11時過ぎ、やっと雨があがりましたぁ~!!!!

急いでチャリを組立てて、あざみアタックです。

2週間ぶりにチャリを漕ぐので足が回らない…
うん~、コンパクトクランクの効果が全然感じられない(汗)

まぁっいいかぁ~、

先週車で下見してるので、最初から飛ばすと潰れるのは分かってるので…
ゆっくり登りはじめて2kmくらいからジグザグ走行でウォーミングアップ!!
「ジグザグかっこ悪いなぁ~」なんてプライドはもうないし、登攀時間も拘りません!

今回は“足つきなしの完全制覇”することだけに集中です!!

6kmまでは「ノープロブレム!!」
6.4kmを越えると恐ろしい斜度になってきます。
結論から言っちゃうと“6.4km~8.4km”までが「地獄の登攀」になりました。

6.6kmだったかなぁ~、斜度がキツクて前輪が浮いて2~3回ウィリー…
やばっ、慌てて立ち漕ぎしながらハンドルを上腕で押えつけてチャリの挙動を安定させました。

勢い余って、立ったまま踏み込んだら…
後輪がウェットな路面(雨水)でスリップしてチャリがよろめきます(冷汗)

やばっ、やばっ、上腕に体重のせて腕をプルプルさせながら、ゆっくり足を落として激坂を登り凌ぐ。

ふぅ~、
座るとウィリーして後ろに転びそうになるし、立って漕ぐと後輪が滑って横に転びそう…

最悪だぁ~、車よけながらジグザクして、しかも「前輪のウィリー」と「後輪のスリップ」も気にしないといけない。

この先大丈夫かなぁ~、前途多難!!

~つぎに、つづきます~

2009年10月10日 (土)

富士あざみライン登れました!

久しぶりに気持ちの良い完全登攀でした。

詳しくは後日!

富士山についたのに!

富士山についたのに!
雨でうごけません。写真は富士あざみライン入り口にある神社の看板です。

2009年10月 9日 (金)

戦闘意欲が戻ってきました!!

大弛峠で膝が痛くてリタイアしてから、チャリを乗るモチベーションがダウンしてましたが…
先程、コンパクトクランに改造したボリッシュ君を見たら…、
ウォ~乗りてぇ~

完全に戦闘モードに入ってしまいました。

明日は富士五湖を回って、湖と富士山を撮影するつもりです。
富士山頂は昨日初雪が降ったそうです!!最高!!!

で、明後日は法事だから大人しくして、

明々後日、実家帰る途中、富士山に寄り道して“あざみライン”にアタックしてきます!

では、皆さん楽しい3連休を過ごしましょう^^

2009年10月 8日 (木)

明日はチャリが返ってきます!!

今朝は大変でした。
朝の通勤ラッシュ帯のド真ん中(8時頃)に東京近郊のJR線が全て運休でしたね。

JR線の電車の中で閉じ込められて私鉄に迂回するも…
私鉄も入場規制で駅に入れませぇ~ん(泣)

はぁ~、疲れる1日でした。

さて、明日は「コンパクトクラン化」したチャリが戻ってくる予定です!!

今週末は富士山に行っておもいきりチャリに乗りたい…、膝が大丈夫かなぁ~

2009年10月 6日 (火)

富士山周辺の下見後半!!

富士山の見えない富士五湖なんて…

4日の富士山頂には大きな雲が掛かっており、富士山がまったく見えません(泣)

行く前は、こんな富士五湖のひとコマ↓を想像していたのですが…

Photo

唯一精進湖でうっすら見えた富士山↓

Photo_2

霞がかかっていて、どれが富士山か分からないですよねぇ~

おまけに“富士山”と“リク”と“つ”???

Photo_3

“つ”は妻が半分写っているので…“つ”にしてみました(笑)

富士五湖全て外周路があることは確認できたので、目的は達成です。

あとは本番「あざみラインアタック&富士五湖サイクリング」の時に富士山が見えることを祈るのみ♪

~お終い~

2009年10月 5日 (月)

富士山周辺の下見前半!!

先週末(3日、4日)は休足日なので、チャリネタがありません(泣)

で、4日は車で富士山に下見に行ってきました!!

下見のポイントは

1.富士あざみラインの斜度を確認する

2.富士五湖の外周路を確認する

3.富士山の周遊路を確認する

富士山5合目に車でアプローチする車道は主に「富士スカイライン」「富士スバルライン」「富士あざみライン」の3つです。

Photo

スカイラインとスバルラインは標高700mから標高2000mまで登るのに25kmくらいの距離があるのに対して、あざみラインは標高700mから標高2000mまで登るのに11kmしかありません。

当然、あぜみラインは他のラインに比べ斜度がキツイです。

Photo_2

あざみ最高!!!!

で、今回は車で登って斜度を感覚的に確認してきました。

いやぁ~凄い坂でした。

スタートポイント↓

Photo_3

簡単に言うとスタートポイントから6kmまでが風張峠、6~11km(ゴール)が風張林道と言った感じです。

6kmまでは平均斜度9%くらいで、最大斜度は12%くらいです。

6km以降は平均斜度15%くらいで、最大斜度はゆうに20%を越えてると思います。

6kmまで登れたからと言って安心できません。

7.5kmくらいから絶望が続き、心が折れっぱなしになると思います。たぶん。

私の車は「マニュアルのRX8」ですが、6km以降は2速じゃないと登れませんし7.5km付近からは1速でしか登れない坂が何箇所もありました。

凄かったです!!!

~富士山周辺の下見…後半につづく~

2009年10月 4日 (日)

9月のダイエット成果は?

9月末の体重とウェスト
 72kg 84cm

8月末の体重とウェスト
 73kg 86cm

7月末の体重とウェスト
 75kg 88cm

履けなかったジーンズが履けるようになったのでウェストが細くなった実感はありますが…

体重が横ばいですね。

チャリ乗った直後は70.5kgまで落ちたんですけどが、維持できません(汗)

まぁ~、いいかぁ!!

2009年10月 3日 (土)

計画の秋!!…、で、募集!!!

秋の夜長ですねぇ~

こんな時期は来年の計画を考えるのも悪くないかなぁ~

20101

って、思い当たる計画は高野山に行くことだけじゃん。

元来、行き当たりバッタリの人生だから、先のことなんか考えてこなかったぁ~

急募!!年間を通して関東地域で開催される「面白い」「おススメ」のチャリイベントありましたら、

コメント(イベント名やオススメポイントなど)をお寄せ戴けますと大変有難く存じます。

2009年10月 2日 (金)

9月のチャリ三昧、チャリ道楽!!

ひと月単位で見ると、8月に比べ9月は少し落ち着いてきたように感じます^^

9_2

アッホ~^^だけど、9月もチャリを楽しめました!!

頑張った!!とご同感戴ける方、ポチをお願いします^^

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2009年10月 1日 (木)

横浜をポタですよぉ~(3/3)!!

Photo_5

港の見える丘公園↓

18

ある娘との初デートで、ここ来て、そのまま分かれちゃったなぁ~(汗)

港の見える丘公園から見たベイブリッジ↓

19

港の見える丘公園の中

20

公園の隣りにある『外人墓地』↓

21

ちょっと怖いので、お墓の写真は撮れませんでした(汗)

外人墓地の近くにあるTOYS CLUB ~ブリキの館~

22toysclub

山手はお金持ちが多くて町並みや家が目の保養になりました。

山手の道をず~と根岸方面に走ると、レストラン『ドルフィン』があります↓

23

松任谷由美の歌(歌詞)に出てくるらしいです。

大昔、ドライブをしていて偶然見つけて、一緒にいた娘に有名なお店だと教えてもらいました。

教えてくれた娘とは一度も来てませんが…、何故か、今の嫁の誕生日に毎年来ました。

独身時代と合わせて6~7年くらい通いましてね。

1階は普通のレストランで、2階は予約しないと通されません。

当時は、2階窓側席を予約するのが一苦労でした。

毎年誕生日に行くので同じ顔ぶれになる事を途中から気付いて、お客同士で会釈したの覚えてます。

途中で経営者が変わったのか?

何となくコストダウンされたお店の雰囲気が嫌になって…

かれこれ10年くらい行ってません^^;

久しぶりに前を通りましたが、お店が残っていて良かったです(ホッ)

~横浜ポタお終い~

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »