« ローラ台トレーニングを始めました(後半)! | トップページ | 戦略的互恵!! »

2010年2月18日 (木)

やばい!

今日は妻の機嫌が悪い。
理由はなんとなく分かっている。

私が一人でローラトレーニングをやったり、ジムで筋トレしてるのが気に入らないのである。

妻も何かやればいいのに、何もやらず、ただ不満を抱くタイプなのが困る。

あっ!他にも機嫌が悪くなっている原因はあるかも・・・

で、私がお風呂から出てきたら妻は不機嫌な顔で、
『お肉焼くだけだから夜ご飯作って、お味噌汁はいらない、お風呂15分で出てくるから』

(私) はいぃ~~~

お味噌汁は飲みたいので作ることにした。
豆腐と椎茸を入れて湯だったら、火を止めてダシ入り味噌を溶かす。

私は出来立ての味噌汁をオタマですくって、味見するのが大好きです。
まだ、煮詰まっていない透明な味・・・、味見のつもりが、ついつい飲みすぎて舌を焼けどした(汗)

次に豚ロースステーキを焼く・・・。だけです(笑)
ステーキはソースが命だと思う!

最近は、既製品のステーキソースが本当に美味しい!
すったニンニクと玉ねぎが入った醤油ベースのソースを
ステーキを焼いたフライパンの余熱で温めて、豚ロースにぶっ掛ける。

付け合せは、プチトマトと前日のシチューで使った茹でたブロッコリーを添えて完成!

テーブルに並べ終わった頃、妻がお風呂から出てくる。
テーブルを見てニコニコしているので機嫌は直ったようだ!

『いただきま~す』ステーキも味噌汁も美味い♪

俺、一人で生きられるんじゃねぇ~、いや一人の方が楽じゃねぇ~
料理を食べながら、ふと悪魔の囁きが脳裏をかすめたので記事に書きました(笑)

« ローラ台トレーニングを始めました(後半)! | トップページ | 戦略的互恵!! »

徒然」カテゴリの記事

コメント

家も昨夜から交戦中
今夜あたり和解予定

妻は全身脱毛したいらしいす。

わからん・・・

無宿さん

どっちもどっち、と言うことで、

奥様方も、なぜ自転車乗るのか?
わからん・・・
見たいな話もあるでしょうし

所詮男と女は平行線ですよ(笑)

ただ、無宿さんも私も、
お互い和解のベクトルがあるだけ、
よしとしましょう!!


さみしいんじゃないですか?
せっかく家に一緒にいても旦那は一人でローラーばっかり・・・ぜんぜん相手してくれない。

同じ家にいるのに・・・・つまんな〜い。ぷんぷん


てなとこじゃないでしょうか??

でですね。主婦は家計をあずかってるのでいろいろとやりたいと思っても出来ないのですよ。
それに家事って休みがないから細切れの時間しかなかなかとれない・・・・


なのに旦那は休み家にいるときは何もしなくてもいい、
やっても「手伝ってる」という意識だし・・・
いいわね。あなたは好きなことができて!!そんな時間あるんだったらご飯くらいつくってもらいたいもんだわ。


とまあ一般的な奥様がたはこんな思いなのではないでしょうか??


女はコミュニケーションの生き物なので、会話したいんです。一緒にでかけてあれこれみたり一緒に会話を楽しみながら食事をしたり、ってのを望むもの。

一緒にいっても心ここにあらずでは悲しいのです。そんなのはす〜ぐにわかっちゃいます。買い物も「ああ、俺は荷物もちさ」なんてのもなんだかなあ・・・です。


でも男性は真逆なのよね〜。 


必要なのは相手の話をよおく聴くこと!!それに対して相づちはうっても意見はしないこと。奥ちゃまは話を聴いてもらうだけでストレスが軽減するんですよ。


結局さあ、旦那ばっかりすきなことやってるのがつまんないんだよねえ。何かやれっていわれても総簡単に見つかるものでもないし・・・・

たしかに今は一人のほうが楽かも・・・なんて思うかもしれませんけどこの先年取ったら、一人は寂しいよ〜、女性はけっこう一人でも生きられる生き物だけど男性はむずかしいと思うよ。回りの年寄りみてるとね。

なぜか自転車乗りにはバツイチの人が多いので、ちょっと気になりました。


まあよしなにやってくださいな♪♪  

オムアリさん

いつも的確なアドバイスありがとうございます。

『家事を手伝ってる』この意識は、やばいことに気付きました。子供の頃から手伝うって感覚だったのが、そのまま延長してるのはいけないですね。

『相づちをうって意見を言わない』なるほど、非常に分かり易いアドバイスをありがとうございます。

自転車乗りにバツが多い!!
くぅ~なんかわかるなぁ~(笑)

自転車乗りにバツイチが多いと言うのは、何となくわかる気がします。

自転車って、よく言えばストイック、悪く言えば孤独な作業ですから。(笑)

無宿さん

ある意味孤独を好む人が自転車にはまるように思います。

本当に孤独が好きな人と…、

日々の生活で抑圧や拘束を感じている人が、
自転車の孤独を通して、開放感に浸っているとしたら、
そう言う人は、家庭と言う拘束の場がないと、
自転車の孤独を楽しめないかしれません。

前者は離婚し易い、後者は離婚したら自転車乗らなくなるかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244681/33432968

この記事へのトラックバック一覧です: やばい!:

« ローラ台トレーニングを始めました(後半)! | トップページ | 戦略的互恵!! »