« 朝練走れず^^;フォームチェック! | トップページ | 今日はローラートレ30分! »

2010年8月 1日 (日)

小山田ショートコース・耐久トレを振り返る!

昨日少し乗ったので、今朝は身体がほぐれて気持ち良くスタートできました。

先日開拓した全周6.7キロの小山田ショートコースを9周(61.2キロ)する耐久トレーニングを行いました。

今回のトレーニングのテーマは
 ・平均速度を重視する(途中で無作為にモガイて大崩れしない)
 ・ショートコースを周回して60キロ以上走る
です。

実際の走り方は、
 ・1周目はインナーギヤで周回してペースを掴む
 ・2周目以降は偶数周回をアウターギヤ、奇数周回をインナーギヤで交互に4周回する
 ・5周目以降は、上りはインナー、下りはアウターで蓄積疲労を抑えながら平均速度を維持して走る
などに気を配って走りました。

で、結果はどうなったか。
今回はガーミンedge500の機能を使って結果を振り返ります。
ガーミンedge500は走行データをパソコンに取り込めます↓

Photo_3

ガーミンEdge500のデータ使ってExcelでクラフ化して振り返ります↓

Photo_5

赤い折れ線グラフが平均速度ですが、全9ラップ大崩れせずに走れてるのが分ります。

また、平均心拍数がクールダウンで大幅に低下しているのに比べ、9ラップの平均心拍数は高い心拍の状態でほぼ一定心拍を保っており、平均心拍数を見ても大崩れしないで60キロを走りきれてるのが分ります。

ラップタイムの推移から振り返ります↓Laptime

1ラップと9ラップで1分近く差が出ていますが、大崩れした状態で周回した場合ラップタイムの差はもっと大きなひらきが出るはず…

今回は4ラップまでインナーとアウターを交互に使って周回しましたが、殆ど似たようなラップを刻むことが分りました。

たぶん、脚力、スキル、体力が未完成な私は、アウターを多用しない方が効率的にラップを刻めるのかも・・・
「アウター」=「速いラップタイム」は錯覚かも。

まぁ~、数値的な分析や走行フォームをチェックしたからと言って、直ぐに速くなることはないですが、事実を知ることが成長の(=速くなる)第一歩だと思うので、耐久レースを前に総点検してみました。

蛇足ですが、12.5キロの小山田周回のコースレイアウトを乗りこなすには、それなりの力量が必要であることを実感しました。もちろん2~3周は走れますが、テーマを決めて集中したトレーニングをするには、少々タイトなコースレイアウトのように思います。

今の私の力量では、6.7キロの小山田ショートコースの方が集中力を切らさずに決めたテーマに沿ってトレーニング出来ることを実感!
Photo

赤ラインが12.5キロの小山田周回路、青ラインが6.7キロ小山田ショートコース

« 朝練走れず^^;フォームチェック! | トップページ | 今日はローラートレ30分! »

自転車全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244681/35980295

この記事へのトラックバック一覧です: 小山田ショートコース・耐久トレを振り返る!:

« 朝練走れず^^;フォームチェック! | トップページ | 今日はローラートレ30分! »