« 西伊豆〜修善寺100キロ! | トップページ | 三崎港160キロライド »

2011年9月15日 (木)

ケアプラン・ミーテイング!

今日はお袋のケアプランについて「ケアマネ」と「施設スタッフ」と「俺」の3人で話し合った。

結論から言うと、今のケアマネさんと俺は相性?性格?考え方?・・・が合わないかも(汗)

俺は、相手に答えを求めないタイプで、ケアマネさんは相手に答えを押しつけるタイプ。

今回、俺がケアマネさんに求めていたのは、俺の話(考えや悩み)を聴いてもらうことだった。

俺の悩みや考えを聴いた後で「多くのご家族が息子さんと同じことで悩んでます」とか「今の息子さんがやりたいと思うことを私たちもサポートします」とかの言葉が欲しかっただけだ。

にも関わらず、否定的な意見を言いながら「こうした方がいい」と自分の考えを押し付けてくる。。。「そこまで言うな、貴方がお袋のことを365日面倒看てくれ」と言いたくなる気持ちを抑えた。

なんで、相談してる俺が相手に気を遣わないといけないのか・・・、今のケアマネさんに俺は今後一切本音を話せないと思う。

もちろん人によって具体的な行動まで答えを求める人もいるだろうけど、人によっては答えに至る考えの是非を相談したい人も居るはずだ。

後者の人間は考えが間違って無ければ、答え(行動)は自分で考えて動く。

悩みの本質が、「答えを求めているのか」「自分の考えの是非を判断して欲しいのか」を見極めながら家族と接するのがケアマネさんの仕事じゃないのかな。

豊富な経験に基づいてケアプランを作っているのは分るけど、そのプランに誘導することばかり考えていては、介護家族の本当の悩みや気持ちは理解できないと思う。

俺の考えが間違っていれば修正するけど、介護のやり方に正解なんて無いと思っているので、俺の考えや悩みを理解しないで答え(行動や計画)を強要されても納得はできない。

« 西伊豆〜修善寺100キロ! | トップページ | 三崎港160キロライド »

コメント

息子が、同居して母親をみようと言う気持ちも状況も理解しない、阿呆はどぶ川に捨ててください。同業者として、激しく憤りを感じるとともに、大変情けないです。
嫌な思いをさせて、ごめんなさい。

また、メールします。

無宿さん

私が一方的に感じたことを書いてますので話半分で理解してください。

昨日は誰のための介護プランなのかってことを考えさせられました。
実際には認知症の母は何も求めていない。。。

なのに、私は母のためにと介護認定を取りケアマネさんを読んで話を進めた。
一方で、ケアマネさんは母のためにと介護プランを考える。

俺もケアマネさんも、何も求めていない母のために、
それぞれの思惑で意見を言い合うから話が合うはずがないんですよね。

ケアマネさんは「回復させるための介護」に拘っているし、
俺は回復は求めておらず「自分の負荷を軽くするための介護」を求めている。

今回は、その辺りのボタンを掛け違えたんだと思います。

家族もケアマネも、本人への思いは、同じだと思います。
それがあるから、立場の違うそれぞれが、協力しあえていけるのだと思っています。

本人が、なにを望んでいるのか、言葉にうまくならないことを探っていくには、ケアマネと家族が協力していかないと。

ただ相性は、かなりあると思います。

無宿さん

協力してやっていくのは大事ですね。

今はちょっと疲れているせいか、
ケアマネさんと協力して何をやろうとする気力がわいてこないです。

だからこそ、相性が合う人じゃないとキツイですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244681/41717357

この記事へのトラックバック一覧です: ケアプラン・ミーテイング!:

« 西伊豆〜修善寺100キロ! | トップページ | 三崎港160キロライド »