2011年11月13日 (日)

箱根サイクリング!

約2カ月ぶりに自転車で箱根へGO!と言いたいけど、全然前に進まない(汗)

あまりに苦しいから、自転車を降りて富士山をパチ↓

Photo

また少し走ると茶畑が奇麗だったのでパチ↓

Photo_2

休み無しだと辛くて嫌になっちゃうので旅情風サイクリングでなんとか箱根峠の頂上へ

Photo_3

出かける前は、箱根峠の頂上から十国峠か大観山の富士山展望台までいくつもりだったけど早々に撤退(笑)

2011年9月26日 (月)

富士登山DNF!

3連休最終日は朝6時に家を出て富士山スカイラインへGO!

三島の実家から富士山へ向かうには裾野方面へダラダラと登り続ける

Photo_2

最初は必至に登っているから感じないけど疲れて集中力が落ちると寒さが身に沁みる。

標高1500m付近にあるパーキングの売店で5合目(2000m)の気温を聞くと昨日で10℃くらいとのこと。

Photo_3

サイコンの温度計は標高1500mで11℃!ってことては2000mの5合目は5℃近くまで下がるかも。。。

今日の服装・装備で10℃以下は厳し過ぎる。。。2000m級の山を舐めていた(汗)

と言うことで、今日は標高1500mの富士山スカイラインの石碑前で富士登山DNF!

Photo_5

ここから御殿場までの斜度10%の下りは高速ダウンヒルになってしまうのでコワイコワイ。

御殿場まで下ると暖かく、富士のすそ野に群生するススキを愛でる余裕が戻ってきた↓

Photo_6

曇ってて富士山は見えないけど、富士山バックの写真なら最高のショットだと思う。

富士山は外から見ると美しいけど、中に入り込むと全く別の顔を覗かせる!

久しぶりに寒さと濃霧に寂しさと身の危険を感じた(笑)

本日の走行距離82キロ

2011年9月25日 (日)

休日2目は洗車!

NEWバイクになってトータル500キロは走っていたのに、一度もチェーン洗浄していなかったので24日は洗車をした

Photo

自分の洗車の順番は

①チェーンのオイル汚れと異物を灯油で全て取り除く

②クランクのオイル汚れを灯油で拭き取る

③後輪を外してスプロケットのオイル汚れと異物を灯油で取り除く

④前後ホイールのリムとスポークの汚れを灯油で拭き取る

⑤フレームやブレーキの汚れを自動車の洗剤で拭き取る

⑥チェーンに注油した後、チェーンについた余分なオイルをウエスで拭き取る

だいたいこんな感じで完了!

2011年9月24日 (土)

茶利坊主団サイクリングへ参加!

今回(23日)は、茶利坊主さん主催のサイクリングへ参加!

境川遊水地に参加者が続々集合↓

Photo

とにかく、ピナレロが多い!!

ドグマ、クワトロ・・・、いやぁ〜ピナレロ見本市のようです。

で、平塚にあるスイス料理レストランまでサイクリング

前菜↓

2

あっ!私じゃいですよ。。。茶利坊主さんです。後ろから見ると分らないみたいです(笑)

次はコーンスープ

Photo_2

メインは肉料理↓

4

いやぁ〜幸せなひと時。。。サイクリングでコース料理は初めての経験かも。。。

葉山へ移動して、プリン有名な「マロン」

5

プリンはこんな感じ

5_4

最後はピナレロ5台で帰る!なんかピナレロの串刺しみたいだ(笑)

7

サイコンの充電を忘れたため走行距離は不明。。。100キロくらいから

おまけ

赤と白がNEWフレームに合うので茶利坊主軍団のチームジャージを購入することに!

8

今まで、レプリカの安物しかた購入しなかったけど、初めてのチームオリジナルジャージだ!

2011年9月19日 (月)

さようなら!キャノンデール♪

2年前の6月にヤフー・オークションを使って10万円で落札↓

Photo_3

http://umibouzu1967.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-7a8c.html

このロードバイクのお陰で色々な経験を積ませて貰えた!

Photo_5

ド素人だったので乱暴に扱ってしまったけど、お陰でロードバイクの扱い方を学べた!
今思うと、初めてのロードバイクは、新車を買わずに中古車で調度良かったなぁ。

静岡暮らしではキャノンデールに乗れないので売却することに(泣)。。。

新旧バイクのバトンタッチ↓

Photo_6

最後はピカピカに磨き上げた↓

Photo_7

さて、サイクリーでの買取り価格は幾らでしょうか??

もろもろ込みで6万円!!このお金はNEWバイクのグレードアップに当てる♪

ネットでは新車を20万円で購入して買取査定が6万円って話しも飛び交う中、
10万円で落札して目一杯楽しませてもらって6万円で売れたのは凄い♪
このキャノンデールは1990年代に製造されたみたいだからこの査定は驚き!!

本音を言うと2万円で売れれば良しと思っていた。

フレームを磨いたりチェーン洗浄したのが「大事に使っている」と評価されたみたい。
あとバーストした後輪タイヤを含め前後タイヤを新品に交換したのもジャンク品扱いにならなかったのかな。

新しいオーナさんが初心者だったら、このロードバイクに乗って楽しさを知って欲しい。

最後の最後までキャノンデールありがとう!

2011年9月18日 (日)

三崎港160キロライド

今日は自転車仲間のAだちさんにNEWバイクのお披露目を兼ねて三浦半島までサイクリングに行ってきた!

Aだちさんにはフレーム交換にお力添え頂いたのでNEWバイクを最初にお披露目したかった。

で、朝6時に待ち合わせて茅ヶ崎からR134で三崎へ向かう。

このR134が偉いこっちゃでした。

何故なら、Aだちさんのスイッチが入ってしまい?
茅ヶ崎~江ノ島までの10kmを時速42~3キロでグイグイ引く!

わぁ~、始まってしまった。このさき100km以上走るのに持つかなぁ~
と思いつつも先の事は考えず必死で追走する。。。

正直この10キロのモガキで、今日は終わりました(笑)

終わった状態で、なんとか三崎港まで到達

Photo

AだちさんのGDRです。白黒のカラーリングがカッコいい↓

Photo_3

この後は逗子のAだちさんご用達の蕎麦屋さんへ↓

Photo_5

汁は大根おろしが入っていてサッパリ♪
薬味のネギと鰹節を加えると味に濃くがでますし、海苔を入れると海苔の風味で味が絞まる。
最後に天かすを入れると食欲が一気に増します。

一つで4種類の味を楽しめる一品です。

今日は、売切れてしまった田舎ソバを次回は食べてみたい♪

このあと、炎天下のなかをヒィヒィいいながら家路に付く。

Aだちさん、今日は暑さで2度も大ブレーキを起こしてしまい申し訳わりませんでした。

また、逗子の蕎麦屋さん行きましょう!あと、三島の鰻も是非食べにきてください。
美味しいお店をリストアップしておきます♪

本日の走行距離162.5キロ

2011年9月14日 (水)

西伊豆〜修善寺100キロ!

今日から3日間遅い夏休みを貰ったので、サイクリングを楽しむことにした。

取りあえず100キロ走れるコースをルートラボで考えたら、三島→沼津→戸田→土肥→修善寺→三島のルートが100キロとなったので実際走ってみた。

Photo_3

朝5時半に家を出て海沿いを走ってる時に朝日を受けてる自転車↓

Photo

雲が無ければ海の向こうに富士山が見えるけど、生憎富士山は曇に隠れていた。

ここから土肥までの海岸線にはアップダウンが続く、海岸線を登った風景はこんな感じ↓

2

西伊豆海岸線はタフなアップダウンだけど、所々海を見ながら走れるので爽快感と解放感を感じながら走ることができる。

西伊豆の名所「恋人岬」↓

Photo

土肥町からは土肥峠を越えて伊豆半島内陸部の修善寺へ向かったが、この斜度6%前後の登り坂がダラダラ続く土肥峠が曲者だった。

海岸線のアップダウンを繰り返し登降していると、なんとなく30分くらい登ったら降りだすような錯覚に陥っていて、土肥峠の登り坂が永遠に続くなような気持ちになってくる(笑)

大した峠でもないけど、やはり乗り込んでいない自分には相当キツイ!!

ヘロヘロで脚をつきたい衝動に駆られていると、ソフトクリームの看板が見えてくる。。。

登り坂の途中で止まるなんて言語道断な行為だが、ソフトクリームの誘惑に負けた(汗)
いえいえ本当は、登り辛さに心が負けた(ガク)

4

ソフトクリームの味?そんなの憶えてません。。。強いて言うなら、ほろ苦い味かな(笑)

とか、バカなことを考えらがも家に帰るために、土肥峠の頂上を目指して登り続けますが、一度脚をつくと堪えが利かず何度も休憩してしまう。

土肥峠の雰囲気はこんな感じです↓

5

あ〜海岸線が懐かしい〜

土肥峠を越えてからは、残暑の暑さに堪えながら必死で家に帰った。

このコースはベース体力をアップさせるのに良いコースだと感じた。
今回は所要時間が6時間を超えてしまったけど、5時間前半で走れるようになったら相当面白いコースだと思う。

走行距離106キロ

2011年9月11日 (日)

シェイクダウン!

今日はNEWバイクのテスト走行なのか?俺の身体のテストなのかわかないけど・・・

朝からNEWバイクで箱根峠&芦ノ湖へ向かった!

まずは、NEWバイクお披露目↓

Photo

三島から登坂する箱根峠は、実家から直結しており、非常にアプローチが楽♪

とは言っても、坂を登り始めるとかなり辛い。。。

調度半分くらい登って、そろそろ辛くなるなぁ〜って時に雨が降ってきた!!

え〜新車が濡れちゃう(汗)
濡らしたくないし西の空が明るいから直ぐに止むと思い雨宿りすることにした。

ほどなくして、小径に乗られたサイクリストさんも雨宿りに加わり、二人で自転車談義に華を咲かせていたら雨が上がりリスタート!

最期の500メートルくらいは辛くなって脚を付きそうになったけどなんとか堪えた。

三島ルートで足つき云々は論外だけど、今の脚と心肺はその程度なんだと自覚した。

ヘロヘロになりながら箱根峠の頂上↓

2_3

ここからは下りながら芦ノ湖へ向かう。

登りは無様だったけど、取りあえず登れたのが嬉しくてダウンヒルが楽しくてしょうがない♪

途中芦ノ湖が眼下に見えたのでパチリ↓

3

下りだったので、あっと言うまに芦ノ湖へ着いてしまい、象徴的な観光船をバックにパチリ↓

3_2

芦ノ湖を周遊すると「箱根関所」を発見したので、出女で有名な江戸側の門でパチリ↓

42

ここでチェックを受けたそうです↓

5_3

この後、大観山へ向かって富士山を撮影しようと思ったけど、曇って富士山は見えず。

天気が良ければ大観山から見た富士山はこんな感じ↓

Photo_3

芦ノ湖から大観山まで100メートルくらい登るけど、この時点で脚が終わっているのを自覚したので素直に下山。
三島ルートは最高速が時速60キロくらいは出る超高速ダウンヒルだから怖い怖い。。

シェイクダウンって言っておきながら、そんなことを考えて走る余裕のないテスト走行だった!

本日の走行距離47キロ

2011年5月21日 (土)

道志みち・山中湖・雛鶴峠175キロ

5時に目が覚める。。。あっ寝坊した(汗)

ここで起きないと一日中後悔するので起きて5時半に富士山へ向かってGO!

道志みちの両国橋を渡った先の坂をヒィヒィしながら登っていると5人の集団に抜かれる。

早い!!!あっ俺が遅いのか(汗)

ジャージにはCHUOUの文字、学生さんね速い訳だ!!

抜かれて100mくらい走ると学生集団からちぎれた選手を発見!

とりあえず後ろに付いてから追い抜くが一瞬で抜き返される。やっぱ負けず嫌い(笑)

抜くのは止めてついて行くが、後ろから別のCHUOU集団がやってきて、ちぎれた選手もついていく。

当然自分はちぎれる。。。

学生さんにペースを乱されてしまいヘロヘロになって同志のデイリーストアーで休憩。

学生さんもデイリーストアーで休憩してるけど、来た道を引き返す。帰りもモガクんだろうな。

山伏峠では辛くて引き返すことも頭をよぎったけど、富士山が見たくて堪えた。。。

で、見たかった富士山です↓

    これは山中湖のサイクリングロード

Photo

    これは山中湖の桟橋かな?

Photo_2

   これぞ富士山!!!

Photo_3

今日は今まで見た中で最も美しい富士山を見ることができた(嬉)

山中湖到着時間は9時、この後何処へ行こうか。。

七尾峠を登って強羅から箱根湯本経由で1号線で帰ろうか。。。

都留市から雛鶴峠を通って帰ろうか。。。

で、結局、雛鶴峠を越えて帰ってきた↓

Photo_4

雛鶴を下る途中で舗装工事の区域があり、セメントと砂を流すために水が流されていた。
下りだったので止まることもせず通過したら、最悪の事態を招いてしまった。

水に濡れたセメントと砂が車輪で巻き上げられBBに入り込んだ。

Photo_5
ペダルを回す度にシャァーシャァー音がなるようになってしまった。
セメントが混じっているので洗っても落ちにくいし、軸受の中の砂はバラさないと除去できない(泣)
最悪だ。。。

2011年5月14日 (土)

小田原・マグロ三昧サイクリング150キロ!

今日は、Aだちさんにお願いしてリハビリサイクリング&グルメツアーに誘って貰った。

待ち合わせの場所では、今日ご一緒するAだちさんとS山さんと、翼パパさんが顔を出してくれた。
翼パパさん次回はご一緒させてください!!

半年のブランクがあるので“リハビリ”が付いているのだが、走りだしたら関係ないの分っている(笑)

だから一ヶ月前からローラートレを始めGWは2度も道志みちで脚を試したのである。

で、結論から言うと「真面目にローラトレやってて良かった」と思った(笑)

では、簡単にツアーを振り返る。

往路は向かい風が強かったがAだちさんは向かい風の中を30〜32キロ巡行で曳いてくれる。

後ろに付いている自分はシンドイけどペースが速いので楽しくてニコニコしてしまう。

あっと言う間に小田原に着いて、無事本日のメイン「マグロ三昧」を堪能!

お店の名前は小田原港にある「緑水門」↓
Photo

よくよく見るとこのお店は蕎麦屋さん?

でも、マグロの兜が!!!

Photo_2

これはかなりデカイですよ。

で、マグロ三昧は↓

Photo_3

左手前はマグロ喉肉の塩焼き(品名はアゴスペ・デルタ)
月並みだけどステーキみたいでジューシーな旨味と焼けた香ばしさが最高!レモン汁をかけると更に美味しい!!

右手前はマグロ頬肉の刺身(品名はHouチーク)
歯応えのある刺身!!馬刺しみたいかな。違うかな。。。

奥のはマグロ頭部トロの刺身(品名はダイヤモンドヘッド)
最高の中トロです。口に入れるとトロの旨味が口の中に広がりますが、さっぱりしてます!

いやぁ〜最高に美味しかった!!月一くらいは行きたいな(笑)

帰りは追い風なので、小田原厚木道路の平坦な側道でのモガキが楽しみである。

お約束!暗黙了解!でAだちさんが小田厚側道の平塚ICから厚木西ICまでの約7キロ・約10分間を、脚を緩めることなく時速40キロ〜43キロで曳いてくれました。

Aだちさんの自転車の後輪に自分の自転車の前輪を5センチくらいまで接近させてドラフティングしてるので付いては行けるけど、最後はキツクて涙が出てきた(笑)

時速40キロのドラフティングをやって分ったことは、この高速度域で接近するには相手を信頼しないと出来ないと思う。

今日のドラフティングでも、脇道から突然車が進入して我々の進行を妨げたので、Aだちさんと自分はほぼ同時にブレーキを掛けて追突を回避できた。

自分はAだちさんを信頼しているので突然転倒したり意味不明な加減速はしないと思っている。
だから時速40キロで5センチまで接近して走り続けてもAだちさんの自転車の動きは殆ど見ない。

接近しながら気を配ったのは、Aだちさんの前方の状況だった。
路面状況は見えないけど、対向車(右折車)や脇道からの車の動きに目を配っていた。

後ろを走っているけど、前を走るAだちさんの目線や考えを想像して走ることで同じタイミングでブレーキングができたんだと思う。

もしAだちさんの指示や手信号を待っていたら時速40キロで追突していた(怖)

今日は、気持ち良くもがかせて頂けたし、高速ドラフティングも経験できたし、美味しいマグロも食べれたし、最高に満足のいくサイクリングでした。

Aだちさん、最後まで曳いてくださいまして、ありがとうございましたm(__)m

より以前の記事一覧